自宅で無線LANを使うためには、専用のルーターが必要です。

モデムに加えて、ワイヤレスルーターが必要であり、プロバイダーと契約した後、忘れずに準備しておきましょう。ワイヤレスルーターの選び方ですが、自宅の広さを目安にします。自宅が広く、ルーターを設置したいと思っている場所からリビングや個人の部屋が遠く離れそうなら、ハイスペックモデルを選ばなければいけません。無線LANの電波は距離や障害物によって、若干弱くなるためです。大きな木の扉や襖が機器の間に入る事で、せっかくの無線LANの安定性とスピードが落ちかねません。

コストパフォーマンスは普通になりますが、大手メーカーが販売するハイスペックモデルにする事で、障害物や距離があったとしても、リビングや個人の寝室まで電波が良い状態のまま届けられます。反対にワンルームマンションや部屋数が少ないアパートであれば、選び方も変わります。コンパクトな賃貸物件なら、安価な値段で市販されているワイヤレスルーターでも充分です。

特に新しい規格の無線LANが使える製品なら、低価格の物でもスマートフォンやタブレット端末を快適に使えます。買うお店の選び方ですが、基本的にユーザーの都合や好みを優先してOKです。駅前の家電量販店でも大丈夫ですし、アプリ経由でネットショッピングするのも良い選択でしょう。地元の商店街の電気店で探してみるのも良いかもしれません。世間的に普及した結果、ワイヤレスルーターの平均価格は下がり、庶民のポケットマネーで気軽に買える物になりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *