無線LANルーターは、無線でネット回線を接続するための機器であり、パソコンやスマートフォンを使っている人にとっては、今や必需品になっているのではないでしょう。

しかしルーターを選ぶ際は、どれぐらいの通信速度に対応しているのかということを確認する必要があります。無線LANルーターの通信速度は、実はWi-Fiの規格によって違いがあり、新しい規格のものほど速くなるのが特徴です。Wi-Fiの規格名には「IEEE802.11ac」などがありますが、商品パッケージなどには前部分を省略した「11ac」や「ac」といった表示がなされていることが多いとい言えるでしょう。規格の種類としては、ac・n・aなどがあり、それぞれの通信速度はacが6.9Gbps(6900Mbps)で、nが300Mbps、aが54Mbpsとなっています。

ただし6.9Gbpsと言っても、それはあくまでも理論値なので、実際はそれよりも遅くなりますし製品によっても違う言えます。それに、無線LANルーター自体は高速の規格であっても、パソコンやスマートフォンなどの端末がその規格に対応していないとその通信速度を出すことは出来ません。また、いくらルーターが高速に対応していても、それに接続している回線の速度以上は出ないということにも注意すべきです。例えば1Gbpsの光回線では、最大でも1Gbpsが限界であり、11acの6.9Gbpsは出ないとうことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *