無線LANルーターの通信速度は、基本的にWi-Fiの規格で変わりますし、「11a」といった古い規格より、「11ac」などの新しい規格のほうが速くなります。

しかし実際には、規格だけではなく、2.4GHzや5GHzという周波数帯によっても左右されるのです。この周波数帯は、データをやりとりする周波数の場所のようなものであり、この数値が高いと一定時間内により多くのデータを送ることが可能になります。ですので基本的には、2.4よりも5のほうが通信速度が速くなります。ただし通信が行われる環境や状況によっては、2.4GHzのほうが5GHzよりも有利な場合があるのです。どういうことかというと両者を比べた場合、2.4GHzは通信速度は遅くなりますが、障害物の影響を受けにくく、電波の届く距離が長いというメリットもあるからです。

そのため、障害物などの影響によって通信に不具合が出ている場合は、5GHzから2.4GHzに変更すると改善される場合があります。最近の無線LANルーターは周波数帯の切り替えができるようになっているものが多いため、環境や状況に応じた切り替えが可能です。したがって、パソコンやスマートフォンに無線LANルーターを接続する場合は、まず速度の速い5GHzで試してみるとよいでしょう。そして住宅内の別の部屋に電波を送らなければならない場合などは、障害物によって不具合が出る可能性があるので、2.4GHzを試してみるとよいと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *