オンライゲームや映画鑑賞・オンライン教育など、今では我々の生活の基盤を支えるようになっているのがインターネットです。

総務省によると2020年4月現在、国内の全世帯の約80%にインターネット回線網が備わっていることが明らかとなりました。このうち約40%がモバイルWifiという機器を導入しており、一般家庭で人気を得ているアイテムです。

このモバイルWifiは2010年に登場したもので、昨今では数多くの通信事業会社がサービスを提供しています。インターネット回線というとADSLと光回線の2つが主流でした。ところがこの回線の場合、敷設するには必ず回線工事が必要であり、固定電話契約もしなくてはいけません。導入するには若干敷居が高いという面がありましたが、この敷居を取り除くものとしてモバイルWifが誕生して人気を得ています。

モバイルWifiの特徴として際立っているのが回線工事をする必要がなく、コンセントに差し込むだけでネット環境を住居内に構築できるという点です。また1つのモバイルWifiで複数台の情報端末を同時接続を可能にしているので、スマートフォンやタブレットのモバイル料金を大幅に削減することもできます。バッテリー駆動式であれば充電が完了した状態だと屋外でも使用できるので、活用方法が多岐にわたるというのもモバイルWifiが一般家庭で人気となっている要因でもあります。この機器は今後も進化を遂げて、我々のネットライフに寄り添っていくことでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *